一般社団法人次世代センサ協議会
第45回センサ&アクチュエータ技術シンポジウム

センサ技術最前線2014
10月6日に、盛会裏に終了いたしました。
当日配布の資料を、1冊3,240円(税・送料込)にて販売いたします。
購入ご希望の方は、下記事務局までメールかFAXにてご注文下さい。
追って、資料と請求書をお送りいたしますので、
代金は、銀行振り込みください。
一般社団法人次世代センサ協議会 事務局
E-mail office@jisedaisensor.org  FAX. 03-5294-0909

 日   時: 2014年10月6日[月] 10:00〜16:30 
 会   場: 化学会館6F 601号室 (東京都千代田区神田駿河台1-5)
 主   催: 一般社団法人次世代センサ協議会
 協   賛: 一般社団法人電気学会、公益社団法人計測自動制御学会、一般社団法人日本電気計測器工業会、センシング技
術応用研究会、一般財団法人マイクロマシンセンター、一般社団法人日本計量機器工業連合会、特定非営利活
動法人安全工学会、MEMSパークコンソーシアム、フジサンケイ ビジネスアイ       

 
開催趣旨: 
次世代センサ協議会の法人会員は、センサ・アクチュエータ・MEMSの研究開発で国内外においてリーダー的な位置を占めております。
毎年、法人会員会社の技術開発成果・新製品発表の場として、本シンポジウムを開催しておりますが、多くの参加者から非常に好評を得て
おりますので、本年も引き続き開催いたします。午前中は、「近未来医療とヘルスケアのためのバイオセンサ最前線」と題した講演があり
ます。是非奮ってご参加ください。
プログラム:  
10:00〜12:00  近未来医療とヘルスケアのためのバイオセンサ最前線
 高度医療や社会の高齢化に伴い、国内そして世界の医療機器市場は、拡大を続けると共に、新しいヘルスケアの
 機運が高まっている。本講演では、近未来の医療や健康科学を見据えた新規医療デバイスとして、無意識計測の
 ためのウエアラブル(キャビタス)センサ、身体の代謝機能に着目した高感度なガスセンサと生体ガスの計測応
 用、そして生体成分のエネルギーにより駆動可能な人工臓器システムなどを紹介する。

  東京医科歯科大学 生体材料工学研究所センサ医工学分野 教授 三林浩二氏
12:00〜13:15  昼 休 み
13:15〜14:00  最新式シリコンリングによって実現したMEMSジャイロ最高精度への軌跡
 最新式シリコンリングによって光ファイバージャイロの精度を実現させたMEMSジャイロについて紹介する。
 MEMS最高精度への軌跡と、この高精度化によって可能となる応用分野を紹介する。

  株式会社シリコンセンシングプロダクツ 製品開発グループ 椎山賢一氏
14:00〜14:45  高速・高精度物体検出技術
 工場の自動化に欠かせない画像センサ。中でもロボットピッキングや部品の組み付け、位置決めなどで幅広く
 用いられている物体検出技術について紹介する。

  オムロン株式会社 技術・知財本部技術開発センタ 小西嘉典氏
14:45〜15:00  休   憩
15:00〜15:45  MEMS AEセンサによる橋梁モニタリング
 橋梁などの社会インフラの老朽化が社会問題となっている。そこで、災害などを事前に防ぐために、定期的な
 検査ではない、MEMS-AEセンサを応用した常時モニタリング技術について述べる。

  株式会社東芝 研究開発センター機械・システムラボラトリー 西村 修氏
15:45〜16:30  IOT時代に対応したスマート・センサ・プラットフォーム 
 モバイル基盤の環境整備、スマートフォンの普及などを迎えてM2M、センサネット事業化応用の事業機会は好
 転しており、フィールドワークの知識産業化の視点で考えた新たな発想のフィールドコンピュータとセンサプラ
 グ&プレイ、計測施工補助などを行える、センサ応用の多転用化による、マスプロダクト化への提案を試みる。
   イーラボ・エクスペリエンス株式会社 取締役副社長 島村 博氏