一般社団法人次世代センサ協議会
第71回次世代センサセミナーシリーズ

イメージ・センシング
〜広い分野で活躍が期待される人間の視覚を越えたセンシング技術
6月4日に、盛会裏に終了いたしました。
多数の方のご参加、ありがとうございました。

 日    時:  2014年6月4日[水] 10:00〜16:30 
 会    場:  化学会館5F 501号室 (東京都千代田区神田駿河台1-5)
 主    催:  一般社団法人次世代センサ協議会
 協    賛: 一般社団法人電気学会、公益社団法人計測自動制御学会、一般社団法人日本電気計測器工業会、センシング技術
応用研究会、一般財団法人マイクロマシンセンター、一般社団法人日本計量機器工業連合、特定非営利活動法人安
全工学会、MEMSパークコンソーシアム、フジサンケイ ビジネスアイ(日本工業新聞社)
            
 
開催趣旨: 
イメージ・センシング技術は、人間の視覚が持つ情報処理能力に迫り、さらには人間の視覚では捉えることが困難な情報を処理
することを目指し開発が進められており、人の感覚・感性を計測、理解する技術、さらには人にわかりやすく提示する技術、感性
センシング技術が盛んに研究され始めています。人の感覚、感性やスキルという物質的には曖昧な事象を計測・解釈するために
は、物質科学技術的アプローチとは異なったそれらを計測、解釈、表現するためのイメージ・センシング(画像、映像、情報)に焦
点を当てて、最新開発技術を紹介します。本セミナーは、現状と動向を鑑み、研究開発の今後の具体的なアプリケーション探索
を念頭に展望し、産官学連携の機会と社会貢献の一助を目的とします。
プログラム:  
 10:00〜11:00  人物画像センシング技術と実応用展開
 現在、様々な場面で画像センサからの人物検出、追跡、行動認識・理解を実現するための技術が求められている。
 本講演では、公共空間、商業施設、スポーツ、医療など、様々なシーンにおいて、頑健に人物検出・追跡を実現する
 ためのコンピュータビジョン技術、行動認識・理解のためのパターン認識技術について述べると共に、実応用展開に
 向けての最新の試みについて紹介する。

  慶應義塾大学 理工学部電子工学科 准教授 青木義満氏
 11:00〜12:00   安全・安心な社会を実現するイメージ・センシング技術
 安全・安心な社会を実現するためのイメージ・センシング技術について、当社の実用化事例である、広域侵入検知セ
 ンサ、エスカレーター安全センサ、指紋認証装置、映像監視システム等を中心に紹介する。

  三菱電機株式会社 先端技術総合研究所センサ情報処理システム技術部 蔦田広幸氏
12:00〜13:30  昼 休 み
13:30〜14:30  工業分野における3D画像センシングの最新動向
 3D画像センシングにおける様々な3D計測手法について、工業分野での応用を中心に、基礎から最新動向まで俯瞰
 する。

  オムロン株式会社 技術・知財本部 専門職 諏訪正樹氏
14:30〜15:30  高感度イメージセンサを求めて
 高感度イメージセンサの動作原理などについて述べた後、新たな高感度イメージセンサをめざした例として、アバラン
 シェ増倍光電変換膜や有機光電変換膜を適用した小型イメージセンサの開発概要について紹介する。

  近畿大学 産業理工学部電気通信工学科 教授 江上典文氏
15:30〜15:45  休   憩
15:45〜16:45  画像によるセンシングと測量
 デジタルデータを視覚化したものが画像であることを考えると、測量学の新しい概念としての空間情報工学における基
 本原理は画像による空間データの取得とその解析さらには3D表現とも言える。画像による空間データの取得として一
 番身近なものはデジタルカメラであり、最近ではUAVとの併用も含めて多くの分野においてデジタルカメラによるセンシ
 ング技術の実用化が期待されている。本講演では、デジタルカメラによるセンシングとその展望について紹介する。
  東京電機大学 理工学部建築・都市環境学系 教授 近津博文氏