一般社団法人次世代センサ協議会
第71回研究会

北原国際病院見学と研究会
-「病院」がトヨタを超える日を目指して-
6月26日に、盛会裏に終了いたしました。
多数の方のご参加、ありがとうございました。

 日    時:  2014年6月26日[木] 13:00〜16:30 
 会    場: 北原国際病院 (東京都八王子市大和田町1-7-23)
 主    催:  一般社団法人次世代センサ協議会
 協    賛: 一般社団法人電気学会、公益社団法人計測自動制御学会、一般社団法人日本電気計測器工業会、センシング技術
応用研究会、一般財団法人マイクロマシンセンター、一般社団法人日本計量機器工業連合、特定非営利活動法人安
全工学会、MEMSパークコンソーシアム、フジサンケイ ビジネスアイ(日本工業新聞社)
             
 
開催趣旨: 
北原国際病院の理事長北原茂美氏は、医療崩壊を食い止めるため、日本型「産業としての医療」の視点に立ち、医療立国プロジェクトを
八王子から始めました。その原点はすべての患者に「より良い医療をより安く」「ホテルのような病院」北原国際病院です。本研究会では、
「医療を輸出産業にするため」行われている数々の施策ならびに地元企業との研究開発の成果を報告していただくとともに、その活動の
原点である「ホテルのような病院」北原国際病院の見学を企画しました。
プログラム:  
13:00〜14:00  北原国際病院の施設見学
14:00〜14:45  医療法人社団KNI カンボジアプロジェクトの現状
 4年前より北原グループが進めているカンボジアプロジェクトの現状と課題についてお話しする。
  医療法人社団KNI 北原国際病院 血管内治療部長/
  株式会社Kitahara Medical Strategies Internationalインドシナ事業統括・取締役 林 祥史氏
14:45〜15:30  臨床の感覚を可視化する 〜次世代情報システムは診療・研究に活用できるか〜
 暗黙知とされてきたあらゆる臨床技術基盤は、革新的な技術応用による意思決定プロセスのシステム化により、
 診療の自動化やロボット化を加速させ、経営と臨床の視点から診療業務の質を戦略的に高め効率化につなげる。
  医療法人社団KNI 北原国際病院 顧問 矢作尚久氏
15:30〜15:45  休   憩
15:45〜16:30  音声病態分析学
 感性制御技術(ST)で、韻律からの音声感情認識を「情動計測の基本原理として自律神経と音声発声の人体構造の
 関係」から確立し、商品化を実現。現在は、STを更に進化させた音声病態分析学(PST)に取り組んでいる。
  PST株式会社 代表取締役社長 光吉俊二氏