一般社団法人次世代センサ協議会
第18回課題研究会
ウェアラブルセンサ・デバイスによる生体・情報システム
― 生体情報ビジネスのためのセンサ技術の高度化要件を探る ―
11月17日に、盛会裏に終了いたしました。
多数の方のご参加、ありがとうございました。

    
日   時: 2015年11月17日(火) 13:00〜16:55
会   場: 中央大学駿河台記念館 3階320号室 (東京都千代田区神田駿河台3-11-5)
 【交通案内】
 JR中央・総武線 御茶ノ水駅下車、徒歩3分
 東京メトロ丸ノ内線 御茶ノ水駅下車、徒歩6分
 東京メトロ千代田線 新御茶ノ水駅下車(B1出口)、徒歩3分
 都営地下鉄新宿線 小川町駅下車(B5出口)、徒歩5分
   
主   催: 一般社団法人次世代センサ協議会
協   賛: 一般社団法人電気学会、公益社団法人計測自動制御学会、一般社団法人日本電気計測器工業会、センシング技術応用研究会、一般財団法人マイクロマシンセンター、 一般社団法人日本計量機器工業連合会、特定非営利活動法人安全工学会、MEMSパークコンソーシアム、フジサンケイビジネスアイ、モバイルコンピューティング推進コンソーシアム

開催趣旨: 
M2M/IoT時代を迎え、センサにはセンサ自体の性能向上とともにシステムの機能を進化させ付加価値の高い製品の構築が求められている。センサ技術の開発が無くして、新システムの実現は難しい。 そこで、本課題研究会では、センサがセンサのフロンティアと考えられるウェアラブルデバイスを題材として、システムにイノベーションを興すためのセンサや・デバイスの付加機能を概観し、センサ技術の発展方向を示唆する“センスパイア”について一緒に考える。

  
プログラム: 
13:00〜13:45 「センサの発展進化系“センスパイア”を考える」
M2M/IoT時代を迎え、ビッグデータの解析や制御に適合するための付加価値の高いセンサへの機能アップが要求されている。 センサが自律的に目的に合った情報発信インスパイアすることを、我々は「センスパイア」とよぶ。 “センスパイア“を実現するための要件は何かを考える。

一般社団法人次世代センサ協議会 会長/東京工業大学名誉教授 小林彬氏
13:45〜14:30 「メガネ型ウェアラブルの企業導入ニーズと課題」
東芝はメガネ型ウェアラブル端末を開発した。開発の背景と特徴および、ウェアラブル事業の取組みについてご紹介する。 また導入を検討中の企業(約300社)から得られた生のニーズや課題、今後の展望などについても説明する。

株式会社東芝 研究開発統括部 マーケティング戦略室 メガネ型ウェアラブル事業 プロジェクトリーダー 金子祐紀氏
14:30〜14:45   休   憩
14:45〜15:30 「ウェアラブルデバイスと歩行・転倒評価システム」
産総研は健康維持増進を目標とした人の移動運動に関する様々な研究を行っている。今回は@転倒リスク者の発見するための歩行特徴評価装置、A歩き方の特徴の見える化技術、及びBロコモーションデータベース構想について紹介する。  

国立研究開発法人産業技術総合研究所 人間情報研究部門・デジタルヒューマングループ 研究員 小林吉之氏
15:30〜16:15 「絆創膏型生体センサの応用」
絆創膏型生体センサは、体表面に密着させることによって、心電や筋電、呼吸、発汗、体表面温度、貼り付け部位の正確な向きや運動、呼吸や脈搏動などに伴う体表変位などをダイレクトに正確に知ることができ、健康管理のための無意識常時生体計測デバイスとしては大変有望である。 本講演では、これまでの計測事例をもとに、応用面に焦点をあててその可能性を紹介するとともに、一方、体に直接貼り付ける絆創膏センサ特有の課題について述べる。

アフォードセンス株式会社 代表取締役CEO 樋口行平氏
16:15〜16:55 討論「“センスパイア”への期待」
課題に対する講演者とフロアーによる意見交換を行う。