一般社団法人次世代センサ協議会
第1回ディープラーニング入門セミナー(応用編)
5月16日に、盛会裏に終了いたしました。
多数の方のご参加、ありがとうございました。


開催趣旨:
好評の「ディープラーニング入門セミナー(実習付き)」の応用編として、ディープラーニングによるモータ振動の異常検知を、実験用モデルを用いて習得する講座です。 典型的なIoTユースケースである、モーターの異常検知を例にして、Raspberry Piと加速度センサでのデータ取得を行い、データをPC上でディープラーニングを用いてモデル化します。またそのモデルを利用して、Raspberry Pi上でリアルタイムでの異常検知の実習を行います。
実習システムの概要はこちらからご確認いただけます。 → 実習システム概要(PDF)
(企画担当:増倉孝一、高田敬輔)
<受講対象者>
  ・実際のデータを使ってディープラーニングの実習を試したい方
  ・センサを利用したAIシステムを知識として習得したい方

<必須事項>
  @ディープラーニング入門セミナー(実習付き)の受講者(2017年8月、11月、2018年2月の内、一つでも参加された方)
  A TensorFlow と Keras をインストール済みのノートパソコンを各自ご持参ください。
   ※PC条件:64bit Windows7,8,10搭載PC もしくは OS X搭載Mac
           (Mac使用される方:バージョン 10.11以上)
  ※パソコンを持参することが難しい場合は、当協議会でご用意したノートパソコンを有料レンタルいたします。(先着10名。5,000円/台)
    ご希望の方は申込時にご連絡いただきますようお願いいたします。


日   時: 2018年5月15日(火)、16日(水) 10:00〜17:00
※各日とも同じ内容となります。ご希望の日付を選択してください。
 

会   場: 中央大学駿河台記念館 330号室 (〒101-8324 東京都千代田区神田駿河台3-11-5)
 【交通案内】
 JR中央・総武線 御茶ノ水駅 聖橋口下車 徒歩約3分
 東京メトロ・丸の内線 御茶ノ水駅下車 徒歩約6分
 東京メトロ・千代田線 新御茶ノ水駅下車 出口B1 徒歩3分 
 都営地下鉄新宿線 小川町駅下車 出口B5 徒歩5分 

主   催: 一般社団法人次世代センサ協議会
協   賛: 一般社団法人電気学会、公益社団法人計測自動制御学会、一般社団法人日本電気計測器工業会、
センシング技術応用研究会、一般財団法人マイクロマシンセンター、モバイルコンピューティング推進コンソーシアム、
特定非営利活動法人安全工学会、MEMSパークコンソーシアム、フジサンケイ ビジネスアイ

 参 加 費:
 
区    分 金  額
一般社団法人次世代センサ協議会会員
(個人会員、個人活動会員、法人会員*、法人準会員*、特別会員)
*
法人会員リストはこちら
23,000円
次世代センサ協議会研究会員 27,000円
協賛団体会員 27,000円
一   般 33,000円
※microSD、資料代、消費税込(microSDはお持ち帰りいただけます。)

定   員: 各日15名 

  
プログラム:
10:00〜12:00 【講義】人工知能を使ったIoTシステムの概要
1.IoTと人工知能の代表的なユースケース
2.教師なし学習と異常検知の概要


講師:株式会社ブライトビジョン 代表取締役社長 増倉孝一氏
13:00〜14:45 【実習1】実習用システムの説明と、データの取得
1.Raspberry Piと実習用システムの説明と使い方の基礎
2.モーターの振動データの取得


次世代センサ協議会 指導員
15:00〜17:00 【実習2】ディープラーニングの異常検知
1.PCでのディープラーニングモデルの構築
2.構築したモデルを利用したRaspberry Piでの異常検知 

次世代センサ協議会 指導員